3月だというのに既に魚の姿が…

最も水温が下がりクロダイの活性も鈍る2月から3月にかけての春先は完全なオフシーズン。特に活発な状態で大きなベイトを追うクロダイを狙うルアーフィッシングですから、この時期は殆ど諦め、消耗したルアーやラインの補充やリール等のメンテナンス、そして新たなポイントの下見といった周辺作業がメインとなっているのです。
そんな中でもかなり大きな収穫となったのは、この時期にも近隣の河口の浅場にクロダイが既に姿を見せているという事実。少なくともある程度の危険を冒してまで浅場に餌を漁りに来た個体でしょうから、今後のルアーシーズンのインを大幅に早める動機となってくれるのは間違いありません。
その魚を見るまでは、今年のシーズンスタートは例年通り5月の連休明け位に定めていたのですが、今年は思い切って桜が咲く4月上旬辺りまで繰り上げてみようか…とも考えています。
そこに魚がいる事とルアーに対し口を使うかどうかは全くの別問題ですが、少なくとも自分のモチベーションを大きく上げる出来事だった事に間違いはありません。いずれにせよ、今年も少しでも早く結果を出したいものですね。ポリピュアEX販売店【安いのはこちら!】